So-net無料ブログ作成

CPU温度 [サーバー]

 最近配信サーバーの調子が悪くなってきました。
 突然処理が遅くなってしまうのです。いろいろとログを調べたのですが、「遅くなる」という現象以外の原因はわかりませんでした。
 で、やむなくサーバーをばらしてみると、稼働中にもかかわらず、あろうことかCPUファンが止まっているではありませんか。さっそくCPU温度を確認してみると、102℃などといった恐ろしい値が表示されています。あーー、よくこれで動いていたなぁ。ATOM 330って、100℃超えていても壊れずに動くんだ、と感心してしまいました。
 さすがにこれではまずいので、新しいサーバーを作って入れ替えました。今度のサーバーはCore i3-2100Tで、45℃くらいで動いています。よかった、よかった。もちろんCPUとマザー/電源/メモリ以外は同じもので再構築です。

 入れ替えてよくなったことは、
 ・温度が下がった。ATOM 330 では平常時でも60℃程度、今回は102℃まで上がっていましたが、i3にしたら45℃程度です。
 ・消費電力が下がった。ATOM 330 時のシステム消費電力は27W程度でしたが、i3にしたら16W程度に下がりました。CPU自体はどちらも5%程度しか使用していません。
 ・処理速度が上がった。ATOM 330 で40秒かかっていた処理が、4秒程度で終えるようになりました。
 消費電力が下がり、温度も下がり、能力が上がったので、だいぶ良くなりました。
 っていうか、ATOM 330 ってそんなに効率悪いの? 意外と電気食いで熱くなりやすいのかな、と感じてしまいました。


 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。