So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

UPS500LXをFedora17で使う [Linux]

 先日UPSからバッテリーアラームが出ましたので、新しいものに交換しました。
 今回使用したのは、UPS500LXというものです。
 機能や表示は十分で、コストパフォーマンスもよさそうなのですが、Linuxに対応しているかどうかは不明でした。ちょっと試してみようかなと思いました。


CLASSIC PRO 無停電電源装置(UPS) UPS500LX

CLASSIC PRO 無停電電源装置(UPS) UPS500LX

  • 出版社/メーカー: CLASSIC PRO
  • メディア: エレクトロニクス



 さて、商品が届いたらまずは動作確認です。とりあえずWindowsにソフトを入れて接続してみると・・・・あれ? 認識しません。
 UPSの表示上は正常そうなのですが、Windowsからはまったく見えないのです。もしやと思って別のUSBケーブルで接続してみると・・あ、動いた。付属のUSBケーブルが不良品だったようです。

 さて、Fedora 17 で動かそうと、取り説や付属CDを覘いてみました。でもそこには、「シリアル接続」の記述しかありませんし、Linux用のソフトも古すぎます。この商品はUSB接続なのに。どうも取り説や付属CDは古すぎて使えないようです。
 さて、どうしましょう。ネットをしばらく検索してみますと、どうやらnutで使えことができるようです。
 以下のようにしてみました。

 まずは、USBで接続し、lsusb でデバイス情報を確認しておきます。以下の設定で使用します。

 1.nutのインストール
  yum install nut nut-cgi nut-client
 2./etc/ups/nut.confの以下の行を修正
  MODE=standalone
 3./etc/ups/ups.confに以下の行を追加
  [ups]
  driver = blazer_usb
  port = auto
  vendorid = 0001
  productid = 0000
  subdriver = krauler
  desc = "Soundhouse UPS 500LX"
 4./etc/ups/upsd.userに以下の行を追加
  [upsmon]
  password = pass
  upsmon master
 5./etc/ups/upsmon.confに以下を追加
  MONITOR ups@localhost 1 upsmon pass master

 で、ここで認識しているかどうかを確認。
  blazer_usb -a ups -DDD
  upsdrvctl start ups

 うまく認識していたら、自動起動に設定
 6./etc/rc.d/rc.loadlに以下を追記
   /usr/sbin/upsdrvctl start
   /usr/sbin/upsd
   /usr/sbin/upsmon
  もちろん、rc-local.serviceはenableにておく

 動作確認
  upsc ups
  nut-monitor

 ACを抜いてしばらく待って、バッテリーがへると自動シャットダウンするのを確認
 ちゃんとシャットダウンすることができました。

----
 「USBケーブルが不良だよ」と連絡したら、すぐに新しいケーブルを送っていただけました。サポートもOKですね。
タグ:UPS nut
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。