So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

カセットのMP3化で、ER-270を買ってみた。 [BGM]

 古いカセットやレコードをデータ化するには、以前はコンポにパソコンをつないで取り込んでいました。
 でも、カセットデッキやレコードプレーヤーがだめになってきましたし、つないで取り込むのも面倒です。
 なので、今回カセットやレコードから一発でSDカードに取り込むことができる機器を買ってみました。

 最近はどういったものがあるかなぁ、とネットを眺めていたのですが、もうほとんどないようです。市場がなくなってしまったから仕方ないのですが、全然ないのも困ります。
 やっと見つけたのが、電脳買王で売っていたEXEMODEのER-270というものです。
 CD/レコード/カセットが使え、USBやSDにMP3でダビングもできる、というオールインワンタイプです。
 残念ながら、箱入りですが動作未確認のジャンク扱い品でしたが、だめだったら修理すればいいや、というつもりで買ってみました。

 商品が届いて、早速動作確認してみました。うーん、よくないようです。
 ・電源コンセントにつないでも、表示が最初からおかしいときがある。再投入しなければ直らない。直らないときもある。
 ・本体スイッチを押すと暴走するようである。
 ・リモコンではうまく動く場合があるが、時折暴走するようである。
 ・動いているときは、問題がない。でも、何かのタイミングで暴走するようである。

 うーーん、ちょっと考えてみて、・・・・・・どうもロジック周りの接触不良ではないか、と思いました。
 で、分解。
 ・前面パネルを手前側になるように置いて、
 ・両サイドにある計4本のねじをはずして、
 ・レコードプレーヤー部分を後ろにずらして、手前から持ち上げて、パタンと後ろに倒します。後ろにあるケーブルをはずさないように注意。
 ・内部の左側にロジックボードらしきものが乗っています。これは、その下のボードに、左右にある一列のコネクタで直接刺さっています。
 ・このロジックボードを、慎重に抜きます。ばっさり外れます。
 ・ロジックボードを再度しっかりと下のボードに差し込みます。接触不良を起こさないように、しっかりと。下のボードはたわみやすいので注意。

 さて、ロジックボードをさしなおして、再度動作確認。
 
 あっさりと動いてしまいました。各機能を試してみてもOK。リモコンも本体操作も問題ありません。
 単純な接触不良だったようです。簡単に直ってよかったよかった。

 早速、カセットテープからSDにダビングしてみました。
 本体スピーカーからは耳障りなノイズが出ていますが、SDに記録されたMP3データにはノイズはあまり乗っていません。録音中の曲分割は手動でできるようです。へー、結構使えるかも。
 意外と実用になりそうです。

 ----まとめ---
 ・動作が怪しいときは、ロジックボードをしっかりと付け直せば、動くようになる(かもしれない)
 ・本体スピーカーからは耳障りなノイズが乗るが、SDに録音した音は意外とまとも。

 



EXEMODE SD/CD/レコードオーディオシステム 木製スピーカー採用 ER-260

EXEMODE SD/CD/レコードオーディオシステム 木製スピーカー採用 ER-260

  • 出版社/メーカー: EXEMODE
  • メディア: エレクトロニクス



EXEMODE SD/CD/レコード オーディオシステム ER-250 ゴールド

EXEMODE SD/CD/レコード オーディオシステム ER-250 ゴールド

  • 出版社/メーカー: EXEMODE
  • メディア: エレクトロニクス



CDを配信したい [BGM]

 こちらのインターネットBGM配信では、市販のCDは配信していません。と言うか、市販CDを配信に利用することが事実上出来ないんです。
 本来なら、流行の曲などを流せばもっと客がついてくれると思うんですが、市販CDが使えないとそれはとっても難しいです。

 どうして流せないかと言うと、日本では、市販CDを流すための原盤権が包括管理されていないからなんですね。
 音楽の著作権に関しては、多くはJASRAC等が管理していますので、その曲を利用したい場合はJASRAC等に手続きをとればよいことになります。この場合のメリットは、
 ・作曲家/作詞家などに個別に交渉しなくても良い。JASRACとのみ契約すればよい。(個別交渉するのは大変です)
 ・利用方法によって価格が予め決まっている。メニューがあってそれに従えばよいので安心。
 商売で利用する側にとっては、とても扱いやすいんですよね。
 まぁ、JASRAC自体の健全性とか独占性とかは色々とあるようですが、きちんと管理されていると言うのは、商売をする上では必要なことです。

 でも、原盤権はJASRACでは扱っていません。つまり、市販CDを流す場合は、その中の曲はJASRAC等と契約すればよいですが、CD自体のデータを利用する場合は、CDの出版社に許諾を得る必要があるわけです。
 CDの出版社と個別契約するのは、とても大変です。数も多いし、そもそも窓口すらないこともあります。価格もピンからキリまでで、またメニューも無いので想像もつきません。とてもじゃないけど、交渉なんか出来ません。(億単位の価格を出された時はさすがに引きます)

 実は、放送局などは、日本レコード協会等の団体と契約すれば、その団体に加盟しているCD出版社のCDを使えるようになります。CDの曲を配信したあとで、その分の料金を支払えばよいのです(二次利用の包括契約)。その場合は、放送局は協会などとだけ契約すればよく、料金もメニューがあってそれに従って支払うだけでよい、と言うことになります。
 でもそれが出来るのは、放送法の適用を受けた放送局(USENなど)だけです。当方のようにインターネット配信で放送している場合は、放送法の適用外ですので、そのような便利な制度を利用することが出来ません。(インターネットで放送法の対象となるには、マルチキャスト方式で配信していなければなりません。インターネットではそれは事実上不可能です。)

 出来れば、協会には、放送法の対象ではなくとも、利用可能になるようにして欲しいところではありますが、なかなか難しいのでしょう。
 なので、現状は独自の音源のみで配信を行っています。 自分で作った/弾いたものもあれば、善意で投稿していただいたものも多数あります。その方々に報いるためにも、もっと顧客を増やして収益をアップしなければなりません。でもそのためにはみんなが欲しがるような流行の曲がいる・・・<以下、ループします>

 よく、お客さんから、「最近のアニメの曲が欲しい」「懐メロが欲しい」「某合成音声のが欲しい」等と言った要望をいただきます。残念ながら当方では用意できないのですべてロストしてしまっています。とても残念です。

-----
 興味のあるCD出版社の方ががおられましたら、以下にご連絡ください。喜んでご説明に参ります。
 医院や事務所などですぐに流せます。プローモーション活動にも使えますよ。
 もちろん料金は支払います。(可能な限り、ですが・・・)
----



学校/店舗/事務所などでのBGMがご入り用な方は、ぜひ一度ご検討ください。下記ページで営業しております。試聴/問い合わせ/申し込みなども受け付けております。インターネットだけでご利用いただけます。

 youon_logo.png
業務用/店舗用インターネットBGM配信 湧音
http://www.YouOn.info/
JASRAC許諾第9011941001Y31015号

タグ:BGM 原盤権

Google Music ベータ [BGM]

 最近、クラウド音楽サービスというものが始まったようです。
クラウド音楽サービス Google Music 正式発表、本日よりベータ開始

 これらのクラウド音楽サービスと言うのは、簡単に言うと、
 ・今まで音楽を購入してPCのハードディスクに保存していたが、それをインターネット上(クラウドサービス)に保存するようにする。
 ことのようです。
 これで、PCが吹っ飛んでも常にネット上に購入した曲があるので、安心して使うことが出来ます。
 もうハードディスクは要らない、と言うことですね。
 自分のCDをアップできるかどうかはまだ出来ないようですが(法律上の問題)、もう手元にメディアは不要、と言うことにしたいのでしょう。メディア代がかからなくなりますしね。

 で、私の事業的には、今のところ関係ないようです。
 このクラウドサービスは、あくまでも私的利用の延長ですので、業務利用(店で使う)ことは出来ません(今のところ)。
 お店で使うための権利処理が出来ていないんですよね。
 また、そもそもCD等を複製(ハードディスク取り込みやiPod含む)したものを流すこと自体、普通はできません。
 まぁ、違法を承知で、iPod等で勝手にBGMを流している店舗も多いですが、そういうところはそもそも最初から料金を支払う気が無いですので、相手にしても仕方がありません。

 でも、私的利用で法律さえクリアできれば、こういうクラウドサービスがどんどん展開されていくものだと思います。
 ネットがつながっていて当たり前、と言う前提さえ確保できれば、ほとんどの場合、ローカルのメディアなんか不要ですから。(帯域的にはネットから直接利用するのは避けるべきなんでしょうけどね)
 いずれは、ローカルメディア上のデータはただのキャッシュ、そのデータ本体はクラウド上にある、と言うことになるのでしょう。

 Windows Live Mesh には、ずいぶん助けられています。ハードディスクが壊れた時なんか。



学校/店舗/事務所などでのBGMがご入り用な方は、ぜひ一度ご検討ください。下記ページで営業しております。試聴/問い合わせ/申し込みなども受け付けております。インターネットだけでご利用いただけます。

 youon_logo.png
業務用/店舗用インターネットBGM配信 湧音
http://www.YouOn.info/
JASRAC許諾第9011941001Y31015号

連絡が取れない [BGM]

 今週もまた、連絡が取れなくなってしまいました。
 連絡が取れないのは、「業務用BGM配信(有料)を申し込まれたお客様」です。
 きちんと申し込みをされて、有料配信を開始した直後、一切の連絡が取れなくなってしまうのです。
 もちろん、そのお客様が利用料金を払われることもありません。
 そして最終的には、配信を強制的に中止し、ユーザーアカウントも停止、ブラックリスト送りとなるわけなのです。
 そういうお客様がとても多いです。比率にすると90%以上の方が、申し込み後にばっくれてしまいます。
 一体どういうことなのでしょうか。
 申し込み後に気にいらなければ、無料で解除できるのに、それすら連絡してこず、こちらからの問い合わせにもだんまりです。

 当然、申し込まれたお客様の情報は分かっています。著作権処理に必要ですから、きちんと記入していただいております。ご利用規約等もチェック済みです。なのに・・・・
 今回は、宮崎の歯医者さんでした。前回は某自動車系列の事務所。すべて分かっています。もうこれは確信犯としか言いようがありません。

 どうも、おかしな世の中になってしまったようですね。
 騙したものが勝ち、ですか。



店舗/事務所などでのBGMがご入り用な方は、ぜひ一度ご検討ください。下記ページで営業しております。試聴/問い合わせ/申し込みなども受け付けております。インターネットだけでご利用いただけます。

お申し込み後にばっくれるのだけは勘弁してください。

 youon_logo.png
業務用/店舗用インターネットBGM配信 湧音
http://www.YouOn.info/
JASRAC許諾第9011941001Y31015号


タグ:BGM 業務用
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ライバル、現る [BGM]

 ライバルといっても、あちらからは歯牙にもかけられていないと思いますが・・・
 
 インターネット音楽放送局 monstar.ch

 私も、インターネット上での業務用音楽配信を生業としていますので、こういう競合の記事は気になります。
 特に、この市場はいまだニッチだから私が入り込む余地があるわけで、大手が参入してくると、簡単に吹き飛ばされてしまいます。
 今までは、USENの価格がベースだからよかったのですが、こういう低価格サービスが起きてくると、経営側としてはいろいろと困ってしまいます。とくに大手さんは、すでに既存の他事業を持っていますので、そこに存在するたくさんのコンテンツという強力な武器もあります。また、大手さんは様々な原盤を入手しやすい立場にありますので、うちのような弱小がまともにやりあうのは無理です。
 
 うちは、ただの業務用BGMとは少し方向性が違いますから、そちらを生かしてやっていきたいと思います。



 ・・それにしても、客増えないなぁ・・・
 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓



店舗/事務所などでのBGMがご入り用な方は、ぜひ一度ご検討ください。下記ページで営業しております。試聴/問い合わせ/申し込みなども受け付けております。インターネットだけでご利用いただけます。
ただいまキャンペーン中ですので、お得にご利用いただけます。

 youon_logo.png
業務用/店舗用インターネットBGM配信 湧音
http://www.YouOn.info/
JASRAC許諾第9011941001Y31015号


タグ:BGM 業務用 湧音
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

インターネットによるラジオ放送の再配信 [BGM]

 今のところ、インターネットによるラジオ放送の再配信は出来ません。
 でも、実験レベルではありますが、いくつか行われています。
 ラジオのネット同時配信、“radiko.jp”がスタート

 いわゆる「放送」と言う行為は、「放送法」によって定義されています。
 法律で定義された放送を行う場合は、権利と義務が課せられます。法律で定義されたこと以外の方法で「放送のようなこと」を行う場合は、それは「放送」ではありませんので、義務は課せられませんが、権利も得られません。
 通常のインターネットで「放送」といわれているものは、実はこの「放送法」で定義された「放送」ではありません。ただの「個別の通信」になります。
 個別の通信なので、放送の場合の権利は得られません。たとえばネットラジオを店のBGMとして流したりは、「そのままでは」出来ません。
 また、現在の放送法の規定では、放送は指定に地域のみに限定するという大原則があります。地域を跨った放送は出来ないのですね。なので、法を守る限り「地域」という制限から逃れられません。
 でも、インターネットの世界では、特定の地域という括りありません。ひとたび発信したら瞬く間に世界中に出てしまう、なんとも強力で頼もしく、そして恐ろしい世界です。
 
 なので、電波の放送をネットの世界に持ち込もうとすると、とても不都合なことがいろいろとあります。
 今後は、放送法が改正され、ネットでもラジオ放送を行えるようにしようという方向はあります。
 市場は法の規定により制限されてしまいますので、なるべく柔軟な方向で整備していただきたいものです。
 あ、でも、著作権に関しては厳密にお願いします。でないと、私たちのような権利者/使用者がビジネスとして成り立たなくなってしまいますので。
 事業者の立場としては、事業が成立するような収益性の確保と、事業が行いやすい権利処理の法律化が、望まれるところです。




店舗/事務所などでのBGMがご入り用な方は、ぜひ一度ご検討ください。下記ページで営業しております。試聴/問い合わせ/申し込みなども受け付けております。インターネットだけでご利用いただけます。

 youon_logo.png
業務用/店舗用インターネットBGM配信 湧音
http://www.YouOn.info/
JASRAC許諾第9011941001Y31015号

音楽著作権と公私の区別 [BGM]

 こういう記事を見るたびに、ネットユーザーというのは著作権の意識がとっても低いのだなと感じてしまいます。
 「ツイッターで歌詞つぶやくと利用料」 JASRACの説明にネットが騒然

 なにが問題で何が騒然としているのかと思って記事を読んでみると、
 ・「たかだかツイッターの呟きで著作権利用料をとるのは気に食わない」
 ・「JASRACへはとにかく払いたくない」
 などということのようです。

 うーーん、ネットの利用者の著作権意識/順法精神はこんなにも低いものかと、考えらさせれてしまいました。

 音楽著作権の立場としては、
 ・個人で楽しむのは自由
 ・公共の場に公開する場合は、必要な著作権利用料を払う義務がある
 のが原則です。
 ネットの場合は公共の場ですので、当然支払いの義務があります。
 つぶやきだろうが、ブログだろうが、公共の場に公開してしまったら、当然義務も発生してしまうのですね。社会では当たり前のことです。いやなら公開しなければよいだけのことです。
 他人の著作物を使うときは、もう少し考えてほしいものです。
 ちょっとしか使っていないから、みんながやっているから、などということは関係ありません。みな一律に規則にしたがって支払う。これが公平・平等というものでしょう。 

 ましてや「JASRACだからいや」などというのはもう子供の喧嘩レベルです。JASRAC以外の団体にはきちんと払っているのでしょうか。

 自分のやりたいことはやる、でも義務を果たす気はない。利用料を支払いたくもない。
 まるで、幼児のようですね。

 音楽クリエイターや作家さんたちに十分な収入を確保するために、著作権法が大きな意味を持っています。その実施方法や徴収方法にはいろんな議論があるとは思いますが、「払いたくない」というのは論外ですね。



店舗/事務所などでのBGMがご入り用な方は、ぜひ一度ご検討ください。下記ページで営業しております。試聴/問い合わせ/申し込みなども受け付けております。インターネットだけでご利用いただけます。

 youon_logo.png
業務用/店舗用インターネットBGM配信 湧音
http://www.YouOn.info/
JASRAC許諾第9011941001Y31015号


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

エルマークと原盤権処理 [BGM]

 違法なダウンロードサイトからの「ダウンロード違法化」とともに、「エルマーク」と言うものが制度化されたようです。
 この「エルマーク」と言うのは、著作権とは別の、いわゆる原盤権に属するものになります。音源のことですね。RIAJ(日本レコード協会)より許諾されます。
 「エルマーク」がサイトに表示されていれば、ここからダウンロードされる音源データは合法ですよ、とある程度の目安(?)になるものです。
 JASRAC(日本音楽著作権協会)によるJASRACマークと似たようなものだと思われがちですが、根本的に違うものになります。どこが違うかと言うと、

 ・JASRACマークの場合、あれば合法、なければ違法、となります。(JASRAC曲の場合)
 ・エルマークの場合、あれば合法と言うわけでもなく、なくても違法と言うわけではありません。合法/違法とは直接は関係無いです。

 これは、JASRACが著作権を法的に管理しておりそのマークの有り無しで即合法/違法と言えるのに対し、「エルマークを管理しているRIAJは原盤権を管理していない」と言うところに起因しています。そう、RIAJからエルマークを許諾してもらっても原盤権は許諾されないんです。原盤権はRIAJとは関係なく原盤権利者より直接許諾を得る必要があります。RIAJは何の関係もありません。エルマーク(RIAJ)と原盤権は直接関係は無いのです。

 通常、音楽を配信するには、大きく分けて「著作権(送信可能可権/演奏権)」と「原盤権」の二つ処理が必要となります。
 「著作権」は、簡単に言えば「この人のこの曲を使ってもいいよ」というものになります。それに対して「原盤権」というのは、簡単に言えば「このCDの音を使ってもいい権利」と言うことになります。
 音楽を配信するには、著作権の「この人のこの曲を使ってもいいよ」と、原盤権の「このCDの音を使ってもいいよ」の両方が必要となります。

 実際に自分で音楽配信をしようとすればわかることですが、JASRACと契約して著作権を正しく処理することはとても簡単です。料金も判りやすいメニューが用意されまた十分安いと思いますし、条件も低いです。また正しく処理するための情報(作品データベース)なども公開されています。みんなに正しく著作権を使ってもらおうと努力していますので、事業として使うのにはとても簡単なのです。さすがに無料配信しようとする方にとっては負担となりますが、致し方ないでしょう。著作権利者にお金を支払わなければならないのですから。(これをもってJASRACが十分健全な企業であるかどうかは話が別です)

 問題なのは、原盤権のほうです。原盤権は、著作権のように「どこか一箇所と契約してお金を払うだけ」という方式にはなっていません。権利を管理する団体が存在しない(法的に定義されていない)のです。これが大きな問題なのです。
 つまり、どこかのCDやレコードの音を使いたいと思ったら、その出版社/レーベルと個別交渉して許諾を得る必要があります。個別交渉なので情報は非公開ですし料金もさまざま、メニューすらありません。以前大手レーベルと交渉したら、CD1枚で億単位の料金を提示されたこともあります。この金額ですら、交渉によっては¥0になったりもしますから、まったくもって根拠の無いわからないものになります。
 つまり、よほどの超大手の配信会社(USENなど)でも無い限り交渉のテーブルにさえつけません。なので、私のような弱小配信事業者が市販CDを流すのは事実上不可能なのです。

 このような状況で、「エルマーク」は「原盤権の許諾」とは関係の無い「RIAJ」の許諾ですので、ダウンロードの合法の目安である「原盤権の許諾」とは何の関係も無いマークになってしまったのです。
 本来であれば、原盤権についてもJASRACと同様の管理団体を作成しそこが一括で権利処理を行うようにすれば、法的拘束力も発生しますし、CDを配信に使うハードルが一気に下がってたくさんのサイトから合法的に音楽が流れ、原盤権利者にも多くの利用料が入ることになります。実際に米国ではそのようになっていますので、小さなサイトでも簡単にCDを流します。
 それをやらずに、ただ「マークだけ作りました」というのでは、「ダウンロード違法化」の法律に呼応したただの便乗商法に見えてしまうのです。別にマークの有り無しで合法/違法の判断ができないから、なおさらです。

 そもそも違法な配信を行っているサイトは、商標である「エルマーク」を勝手に掲載するでしょう。もともと違法なのですから、別に何も気にしないと思います。
 違法は配信への対策のはずが、なんに実効力も伴っておらず的外れにしか見えないところが、いかにも日本の政治家の考えそうな方法だと思います。

 サイトからのダウンロードか合法かどうかの判定はきわめて難しいです。回避する方法などいくらでもあります。被害を受けるのは「運悪く違法なサイトからダウンロードしてしまった」一般人です。
 まぁ、決まってしまったからには従うしかありません。自分の運が悪くないことを祈りましょう。



店舗/事務所などでの安価なBGMがご入り用な方は、ぜひ一度ご検討ください。下記ページで営業しております。試聴/問い合わせ/申し込みなども受け付けております。

 youon_logo.png
業務用/店舗用インターネットBGM配信 湧音
http://www.YouOn.info/
JASRAC許諾第9011941001Y31015号

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ラフマニノフ ピアノ前奏曲嬰ハ短調 「鐘」 [BGM]

 個人事業としてBGM配信をやっている関係上、そこらで流れているBGMにはつい聞き入ってしまいます。
 例えば、TVでBGMに適しているような音楽が流れると、「おや、この曲は何だろう。うちでも流したいな」と思ってしまいます。
 そういう時は、インターネットで曲を調べたり、iPhoneのShazamで解析させたりしています。
 
 で、先日、TVより異様なBGM(音楽)が流れてきました。
 曲はわかります。ラフマニノフのピアノ前奏曲嬰ハ短調、通称「鐘」です。(合唱交響曲「鐘」が本物の鐘です)
 この曲は、ラフマニノフのピアノ曲の中でも相当有名な曲で、イントロをちょっと聞いただけでもすぐにわかります。難易度もそれほど高くないくせに立派に聞こえる曲なので、私のような素人にも向いています。
 で、このピアノ曲が、オーケストラ編成で聞こえてきました。
 何が異様に聞こえたかというと・・・
 ただひたすら、あの憂鬱な導入部「だけ」が繰り返し繰り返し流れているのです。とても憂鬱で重く、そして下手なオーケストラ編成でただひたすらうるさい音楽となって、それが延々と同じフレーズを繰り返しているのでした。
 これはもう、拷問かと思いました。あの「鐘」をこんな編曲(アレンジ)で流すなんて・・・
 よく見ると、よく知っている有名人が滑っているではありませんか。
 浅田真央自己ワースト得点で5位 フィギュアスケートロシア杯
 私は、フィギュアスケートのことは良くわかりませんが、よくこんな音楽を聴きながら滑れるものだと思ってしまいました。
 そもそも音楽には何らかのストーリーがあります。この「鐘」も、憂鬱な導入部からだんだんと盛り上がり、そして中間部を三連譜で突き進み、情熱的な和音が絡んで盛り上がって、ひっそりとした終焉を迎えます。
 それが、ただの「憂鬱な導入部」のみの繰り返し。それもただうるさいだけのオケ編成。いくらなんでもこの編曲は無いんじゃないでしょうか。どこを聞いても「憂鬱な導入部」だけ。まるで金太郎飴のよう。もしかして、フィギュアスケートのフリーというのは、ストリーリー性はダメなんでしょうか。

 実際のスケーティングは、芳しくなかったようです。音楽の影響があったかどうかは、私のような素人にはわかりません。でも、わたしだったら、こんな編曲お断りです。原曲のストーリー性を生かした編曲と振り付けにします。「鐘」はいい曲なんですから。
 みなさんも、こんなうるさいだけの「鐘」ではなく、ちゃんとした原曲の「ピアノ前奏曲嬰ハ短調」を聴いてみることをお勧めします。このままだと、ラフマニノフがかわいそうです。

 下のBGMの、「クラシック」や「ピアノ」のチャンネルでも流しておりますので、試聴できます。ただ、BGM数百曲中のひとつですので、「鐘」がかかるのには時間がかかりますが・・・



店舗/事務所などでの安価なBGMがご入り用な方は、ぜひ一度ご検討ください。下記ページで営業しております。試聴/問い合わせ/申し込みなども受け付けております。

 youon_logo.png
業務用/店舗用インターネットBGM配信 湧音
http://www.YouOn.info/
JASRAC許諾第9011941001Y31015号


ラフマニノフ:24の前奏曲

ラフマニノフ:24の前奏曲

  • アーティスト: アシュケナージ(ウラディーミル),ラフマニノフ
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 発売日: 2001/04/21
  • メディア: CD



ラフマニノフ:前奏曲全集

ラフマニノフ:前奏曲全集

  • アーティスト: ワイセンベルク(アレクシス),ラフマニノフ
  • 出版社/メーカー: BMG JAPAN
  • 発売日: 2007/11/07
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

配信用のBGMデータ作成 [BGM]

 私のサイトで配信しているの業務用BGMは、業者からのBGM専用楽曲以外に、一般のクリエイターから投稿された楽曲も多数配信されています。
 ざっと見て、全体の2割くらいでしょうか。1000曲ほどが、個人の音楽家や、音楽教室、趣味の打ち込み、などの方からの楽曲提供です。ありがたいですね。
 もちろん、玉石混合、レベルの差は大きいですが、BGMとして店で流すようにうまく調節すれば、特に問題はありません。本当にひどいものなどまずありませんし、そもそもそんな曲は投稿されてこないですから。

 で、他人から楽曲をもらうばかりでは心苦しいので、私自身も数百曲程度の楽曲を投稿しています。といっても、楽器なんかほとんどできません。素人の打ち込み、それも主にピアノばかり、玉石どころか方解石程度の代物ですが、うまくまとめればBGMとして十分に使えるものだと思っています。

 最近はシステム構築にかかりきりでしたので、ぜんぜんやっている時間がありませんでした。でもやっぱり開発ばかりしていると、気がめいってきてしまいます。
 というわけで、打ち込みの参考になればと、いくつかの譜面とCDを購入してきました。
 下の方に、今回購入したものを並べました。

 これらは、ご存知のとおりすべてゲーム音楽です。FinalFantasyのシリーズは音楽にも定評があります。特に7以降は、効果音という枠を超えている感がします。
 ゲーム音楽というのは、ゲーム中に流れるBGMとして作成されていますので、それをベースに手を入れれば、店舗や事務所のBGMとして使いやすいのです。
 とくに今回のCD/譜面は、イージーリスニングやヒーリングなどとして結構使えそうな曲想のものが多いですから、価値は高いと思います。
 でも、ただ音楽を耳コピして打ち込んだり譜面を見ながら入力したのでは、BGMとしては不適当です。一般の音楽CDなどと異なり、BGMとして利用するには、例えば以下のように編曲しなおさなければなりません。

 ・音量が極端に変化しないようにする。
  音楽は「作品」なのでそのストーリーに応じて音量がダイナミックに変化するのですが、BGMとしてはそれは不適当です。ずっと同じくらいの音量で、流れているか、流れていないのか、わからないくらいがちょうどいいです。なので、ダイナミックレンジを圧縮したり、p(ピアノ) や f(フォルテ) を別のものに置き換えたりします。

 ・曲想が極端に変化しないようにする。
  BGMはあるテーマに沿った曲がずっと流れます。そこに異なった曲想が入り込むと耳についてしまいます。選曲の段階でそういう合わないものは除外するのですが、曲中で極端に変わるようなものは、編曲段階で手を入れます。

 ・流す環境を想定して調整する
  高級オーディオではなく、チープな店内放送設備で流すので、そういう環境でうまく聞こえるように調整します。

 業務用のBGMは、市販CDなどの作品と異なり、BGMとしての仕上げが重要になってきます。流す環境もまったく異なりますので、結構難しいですね。


上級者向 ピアノコレクションズ ファイナルファンタジーX ピアノソロ

上級者向 ピアノコレクションズ ファイナルファンタジーX ピアノソロ

  • 作者: 仲野 順也
  • 出版社/メーカー: ヤマハミュージックメディア
  • 発売日: 2002/02/22
  • メディア: 楽譜



ピアノソロ ピアノコレクションズ ファイナルファンタジーIX (ピアノ・ソロ)

ピアノソロ ピアノコレクションズ ファイナルファンタジーIX (ピアノ・ソロ)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ヤマハミュージックメディア
  • 発売日: 2001/01/26
  • メディア: 楽譜



PIANO COLLECTIONS/FINAL FANTASY X

PIANO COLLECTIONS/FINAL FANTASY X

  • アーティスト: 黒田亜樹
  • 出版社/メーカー: スクウェア・エニックス
  • 発売日: 2004/07/22
  • メディア: CD



PIANO COLLECTIONS/FINAL FANTASY IX

PIANO COLLECTIONS/FINAL FANTASY IX

  • アーティスト: ルイ・レーリンク
  • 出版社/メーカー: スクウェア・エニックス
  • 発売日: 2004/07/22
  • メディア: CD



PIANO COLLECTIONS/FINAL FANTASY VIII

PIANO COLLECTIONS/FINAL FANTASY VIII

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: スクウェア・エニックス
  • 発売日: 2004/07/22
  • メディア: CD



PIANO COLLECTIONS/FINAL FANTASY VII

PIANO COLLECTIONS/FINAL FANTASY VII

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: スクウェア・エニックス
  • 発売日: 2004/05/19
  • メディア: CD



ファイナルファンタジー6 ピアノコレクションズ

ファイナルファンタジー6 ピアノコレクションズ

  • アーティスト: 野村玲子
  • 出版社/メーカー: プライエイド
  • 発売日: 2001/07/25
  • メディア: CD



ファイナルファンタジー5 ピアノコレクションズ

ファイナルファンタジー5 ピアノコレクションズ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: プライエイド
  • 発売日: 2001/06/27
  • メディア: CD



ファイナルファンタジー4 ピアノ・コレクションズ

ファイナルファンタジー4 ピアノ・コレクションズ

  • アーティスト: 佐藤史朗,森俊之
  • 出版社/メーカー: プライエイド
  • 発売日: 2001/05/23
  • メディア: CD



タグ:BGM
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。